集団指導塾のメリット

学校以外の友達ができる

集団塾に通うことのメリットとして、違う学校に通っている人と友達になれるということが挙げられます。塾には様々な学校の生徒が通っているため、普段は交流がないような人たちとも仲良くなることができるのです。個別指導の塾にもいろいろな学校の生徒が通っていますが、先生と生徒という関係しか築くことができない場合が多くなってしまいます。そのため、集団塾に比べて他校の生徒と仲良くなることは少し難しくなってしまいます。今後大人になるにあたって、人間関係を広げておくことは重要です。特に中学生だと、同じ学校の同級生としか人間関係を築いていないことがよくあります。そんな中学生にとって集団塾に通うことは、様々な人と知り合う大きなチャンスなのです。

塾の仲間と競い合って勉強できる

集団塾にはたくさんの生徒が通っています。そのため、必然的に塾の仲間たちと競い合うようになります。塾の中で友達ができると、テストの点数などを見せ合うこともあるでしょう。そうなると、友達に置いていかれたくないと思うようになり、自分一人でゆっくりと勉強するというわけにはいかなくなるのです。また、集団塾ではテストの成績順に席替えが行われることがあります。個別指導の塾では人の成績が目に見える形で現れることはあまりありません。それに比べて集団塾では自分が塾の中でどれくらいの位置にいて、友達とはこのくらい離れているというのが一目で分かってしまうのです。自分がどのくらいの成績だったのか嫌でも意識するようになるので、必然的に勉強を頑張るようになるでしょう。

中学生の塾では、高校受験に向けて定期テストの対策と入試対策の両方をしていくことが必要であり上手く計画を立てていくことが重要です。