集団指導塾の選び方

集団塾は進学目的か補修目的かで選ぶ

学校でもある程度の勉強ができますが、学校の勉強で足りないときには塾に行かせないといけないでしょう。なぜ足りないかは子供によって異なります。学校の授業のペースが遅すぎて物足りないと感じている子もいるでしょうし、逆に授業のペースが早すぎてついていけない状態の子もいます。ついていけないならそれを補うための勉強が必要になります。集団塾にはいくつかのタイプがあり、進学を重視するところもあれば補修を重視するところもあります。学校の授業が遅いと感じているならもしかすると優秀な学校への進学が可能かもしれません。その時には進学を重視する塾を選ぶと良いでしょう。一方学校の授業で遅れがちになる子は補修を重視しているところを選ぶようにしましょう。

集団塾は大人数授業か少人数授業か

一般的な学校では、生徒の数が一クラス30人から40人ぐらいになっています。先生が生徒の様子を見るにはこれくらいの人数が限界になるのかもしれません。授業中に生徒は積極的には質問はできませんが、先生が適度に質問があるかどうかを聞いてくれます。集団塾を選ぶときには、学校のクラスに比べて大人数か同じくらいか少人数かなどを見ると良いでしょう。学校と同じ30人程度のところもあれば、50人以上の大人数を前に行うところもあります。一方10人から20人ぐらいの少人数での授業を行うところもあります。大人数のところは効率よく授業が行える進学塾タイプで、緊張感のある塾です。少人数の塾は個人などが経営をしているところで、アットホームな環境で授業が受けられます。